春物情報。 | vintage clothing & Antiques worn.

2018/03/12 11:30

こんにちは、worn. です。

忙しさにかまけて、ブログをサボってました。

寒さも和らぎ、厚手のジャケットもボチボチ、そのシーズンを終える頃ではないでしょうか?

そのボチボチ終える頃ぐらいから、春物が街の服屋さんに並びだしますね。

当ウェブサイトではシャツの品揃えが、やや偏った形で豊富です。

なので、私としてましては、春こそが商品の品揃えを考えても「本番の季節」、

又は、「気合いの入る季節」なのです。

それでは、商品の紹介といきましょう。

 

 

オープンカラーのシャツをサラリと着るスタイルは、私の好むスタイル。

その影響は、以前にも申し上げたと思いますが、京都の老舗ヴィンテージショップ、

“Paul’s boutique”

の影響に他なりません。

 

 

オープンカラー、ボックス型シャツの魅力は多岐に渡ります。

シャツの裾がラウンド型でない為、ショート丈のジャケットを羽織る際に裾のバランスが取りやすい。(個人の感想かな?)

そのシャツがジャストサイズでも、オーバーサイズでも、前を開けて着る時に余りだらしなくなりすぎない。若くは、ジャケット感覚で羽織れる。

もちろん、教科書通りな50’s や60’s ファッションとして楽しむのもありです。

パンツインしてしまっても、ボタンダウンや、その他のシャツとはまた違った雰囲気が、
この手のシャツにはあります。

 

 

今回紹介するシャツは、ポリエステルの混ざった生地や、フランネル地だったりするので、当サイトに既にアップされているウールのものに比べると、やや薄手。

まだ、肌寒いならもう一枚上に何か羽織っても良いですし、また暖かくなれば、これらのシャツだけでも充分。ギリギリ暑くなる寸前ぐらいまで、腕をまくって着ちゃったりしてますね、私は。(笑)

現在、春物、履き物を続々アップしております。

是非、www.worn.shop で、一度商品をご覧になってみてください。

Instagramでも、商品を御覧になれます。

ユーザーネーム:worn2017

で検索してみて下さい。