Short Sleeve Summer knit | vintage clothing & Antiques worn.

2018/07/25 18:52

こんにちは、worn. です。

 

少し生命の危機を感じる程、暑い日が続いています。

 

こんな異常な暑さの中、「ファッションなんて気にしてて大丈夫なのか?」と元も子もない疑問が頭をよぎってしまいそうですが、みなさん頑張りましょう!

 

今日は、半袖ニットです。

 

レディースでは、夏物のニットは種類が多いように思いますが、メンズで夏物のニットは、余り見かけないように思います。

 

見た目の質感も、やはりTシャツやシャツと違います。

 

本日紹介する二点は、半袖ですので着れる時期は夏に限られます。

 

しかし、「この季節の為の一着」というのを持っている事は、乙なものです。

 

 

 

 

こちらは、ポロニットのような物で、年代は60年代ぐらいでしょう。

 

以前、オンブレシャツの紹介をした時にも触れましたが、Made in Italyや、Designed in Switzerlandなど、60年代頃のシャツとなどに、このようなヨーロッパの国名が表記された物をよく見かけます。

 

 

 

 

襟の形と胸元ぐらいまであるボタンも、何となく、その時代時代の雰囲気を漂わせます。

 

こちらは、古着ファンには言わずと知れた、JC Pennyの半袖ニット。

 

 

 

 

 


 

ニットというより、パイル地に近いようなポリ素材の一着。

 

こちらは、素材の特性から、プール上がり、海上がりに、濡れた体に着てしまっても大丈夫かと。

 

オールドサーフ的なファッションを連想させるニットなので、646684などのフレアなデニムと相性が良さそうです。

 

デニムやカジュアルなパンツと合わすのもイイのですが、センタープレスの入ったスラックスや、太めのチノパンなどと合わせて、少しめかし込んで、夏の夜の街などに繰り出してみては?